生命保険とは?わかりやすく

わかりやすい生命保険ガイド

生命保険の種類や注意事項などをわかりやすく解説します

生命保険に加入しましょう

生命保険に入ろうと思っていても、あまりにも種類がありすぎてどれを選んでよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

生命保険は、死亡や病気・ケガなど、もしもの時に備える為のものです。

 

今は健康でも、突然亡くなってしまったり、予期せぬ入院や通院が必要になってしまったりと、将来自分の身にどのようなことが起こるかは予想出来ないのです。

 

それに、万が一の場合に心配になってくるのがその後の生活でしょう。

 

高い医療費を請求され、生活に困窮するといったこともあるのではないでしょうか。

 

特に家計を支える方が死亡した場合、残された家族の不安も相当なものでしょう。

 

生命保険は、これらのリスクから自分や家族を守る方法で、保険の加入がお勧めされるのも、日々の暮らしを心配なく過ごすことが出来る手段だからなのです。

 

また、加入者によっては、老後の生活費や子供の教育費の準備として生命保険に加入する場合もあります。

 

目的に合わせて将来の備えとして加入するという方はとても多く、貯蓄性の高い保険もあるのです。

 

ただ、生命保険は車や家に次ぐ高額の出費といわれています。

 

充実した保障を得るには保険料も割高になる場合があり、求める保障に必要な保険料と家計とのバランスも考える必要があるでしょう。

 

加えて、無駄な保障の見直しをすることも重要な事です。

 

それだけに、保障内容をしっかりと吟味して、自分に合ったものを選ばなければいけません。

 

生命保険に加入して、毎日を安心して過ごせるようにしたいですね。

 

保険の無料相談は怖くない?

 

ネットで検索してみると、保険無料相談をしている会社についてのクチコミが見られます。

それは多くの人がこのままで良いものか心配している表れでもあり、プロに話ができる機会が欲しいと思っているということなのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、そしてまたこちらの希望を聞く姿勢です。

面談したい会社を見つけたら、そこのFPさんがどんな対応をしてくれるかをよく調べてみましょう。

初めてのサービスや気になるものを買うときにみなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをしようと思い調べていたところ保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

一般的な店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談を行う方が多いようです。

また、サービス側も強引な勧誘をしないのはもちろん、保障内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

実績について調べてみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。

それほど多くの人が興味を持っており、また専門家の知識が必要なほど複雑な仕組みをしているとも言えそうです。

各々の会社について見ていくと、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスの名前がよく挙がっています。

FPさんの質に関して高い自信を持っているところや、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

近年、人と同じようにペットの家族化、が急速に進んでいます。

例を挙げると、「ペット保険」や「ペット供養」のことです。

ペット保険とは、病気などの治療で動物病院に通院した際の治療費用を保障する保険です。

日本全国の動物病院で入院給付金や手術給付金を給付できるほか、オプションでガン給付金や死亡給付金がついた保険もあります。

ただし、毎年接種しているワクチンについては適用外になりますので若いペットの場合は必要ないから加入しないという考え方もあります。

気になる方は、CMなどでも聞いたことのある保険無料相談サービスでもペット保険について紹介していますので相談してみてはどうでしょう。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当者と合わなければ違う人にかえてもらえたりといったサポートが用意されているところがほとんどです。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、はじめに相談だけのつもりでいることをはっきり伝えてくぎを刺しておくのも良いかもしれません。

自分の実力に自信を持ったFPさんであればむしろ他の提案と比較してもらった方が良いので、大丈夫でしょう。

料金0円で保険相談をしてもらったとき、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、細部まで丁寧に説明してもらったり気後れするほど細かな資料をそろえられていたりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

お金のことですし、即決できるほど簡単なものではないと思います。

断り方としては例えば、ゆっくり検討したいので連絡は欲しくないと明確に伝えることです。

それでもしつこいようならその会社のサポートに連絡しましょう。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

その答えは、相談者から料金を取らず各保険会社からの契約手数料をメインの収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

よくTVCMなどで聞く保険無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険契約した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

そのため、提案する保険が相談者の希望に合っていることが高く、FP側も説明をよりわかりやすくしてくれるなど良い面ばかりです。

なので、現状の保障内容が最適だと判断したら別の保険を勧めたりもしません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

通常、良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうと聞きます。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険無料相談サービスでもそういったことはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談前の人の多くが「相談したらあれこれ理由をつけられて保険に加入させられそう」という心配をしていてなかなか相談へ決心がつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や言ってくれて安心できた、本当に相談・確認だけでもOKだったなどイメージとは全く違っていたことがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう人の中には、保険無料相談を行った際に自分の希望ではない新しい保険を勧められ、断れずにFPの進めるがままに契約してしまう。

その結果、将来の希望に沿わない保障内容になっているなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここではFPの見極めるポイント、断り方について書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば問題ないです。

保険は一生のうち、家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

保険を見直す時期といわれるライフイベントがあります。

例を挙げると、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険に入っている人でも年収や支出などが契約当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況、希望している保障内容が合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

相談・確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

皆さんは自分の入っている保険の内容を全て把握していますか?少しでもわからない内容があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例を挙げると、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや家が火事で燃えてしまった時の火災保険などは、特別なことがない限り使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、相談サービスにFPを紹介してもらい現在のライフプランに合っているかを見直しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができる場合もありますよ。

保険無料相談サービスに申し込んでみたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうです中小規模のサービスの場合、FPの登録者数が大手サービスと比べて登録者数が少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

参考:生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】

そのため、契約、保険の切り替えの見込みが低い案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか予約なしでも相談可能な保険ショップの利用をお考えください。

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって選んだ結果、環境が変わって月々の料金が厳しい、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

契約した時と現在では収入や将来への希望などは変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を紹介してもらえたという話も多いです。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として金融庁は「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として行われていた換金性の高いギフト券やクオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には牛肉などの物品そのもののプレゼントについては具体例が載っていなく、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

関連情報


Copyright (C) 2010 わかりやすい生命保険ガイド All Rights Reserved.